ブランド買い取り業者徹底比較!

ティファニー買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. ティファニー買い取りにおけるおすすめ業者
ティファニーを高く売れる業者

ティファニー買い取りにおけるおすすめ業者

ティファニーロゴ

ティファニーの買い取りを考えた際に、少しでも高額で売るために最も重要なことは【ブランド買い取り業者選び】に尽きます。
しかしティファニーを売ることの出来るお店は数多くあり、ブランド品として売るのか宝石として売るのか、それとも貴金属買い取り店に依頼するのかと選択肢も幅広く、それぞれの値段も買い取り店ごとに差があります。
私の実体験から、ティファニーを最も高く売れるであろう業者を1社に絞りご紹介しますので、買い取り店選びの参考になれば幸いです。

しかしジュエリーの相場は常に変動しており、また買い取り業者の在庫やストックの有無、その時々の流行などで買い取り価格は上下しますので、私の情報が古くなってしまっている可能性もあり、ここで紹介する1社が常に最も高くティファニーを買い取ってくれるとは限りません。
ブランドを高く売るコツのページでも説明していますが、ブランド買い取りにおいて最高価格でブランドを売りたい場合は基本的に複数のブランド買い取り業者で相見積もりを取る事が鉄則です。

ですのでティファニーの品物を最高額で売りたい場合は、お勧めのブランド買取業者を他にも5社紹介していますので、そちらも参考にして相見積もりを取る事をおすすめします。


ティファニーが一番高く売れる買い取り業者

私の実体験から最もティファニーを高く買い取ってくれたのは「買取プレミアム」です。
私が売ったのは「バイザヤードのネックレス」ですが、他に査定を依頼した複数のお店と比較しても1割ほど高い査定額で買い取ってくれました。
ネックレスはチェーンが千切れてしまっており使えない状態で多少の減額はあったものの、それでも臨時収入としては十分すぎる程の額で売ることが出来ました。
ダイヤは0.08ctとバイザヤードの中では小粒でしたが、丁寧に査定してくれたのも好印象でした。
ティファニーの買い取りであれば、買取プレミアムはおすすめです!


ブランド買い取り買取プレミアムの評判

買取プレミアムの詳細情報

買取方法
持ち込み買取/宅配買取/出張買取
買取依頼の費用
完全無料
対応地域
全国対応
傷や汚れの状況
状態が悪くても可
受付時間
24時間対応

ティファニーについて

ティファニーといえば世界でも屈指の知名度を誇るジュエリーショップで、今やジュエリーだけに留まらず、バッグなどのレザーアイテムや食器なども数多く展開し大成功を収めているブランドです。
プレゼントや記念日の贈り物としても人気があり、結婚指輪や婚約指輪のブランドとしても非常に有名です。
しかしティファニーの歴史は語られることが少なく、ティファニー製品のファンであっても知らないことが多いのではないでしょうか。
ですので、これからティファニーの歴史や特徴を紹介します。
ティファニーの歴史やブランド品の事を詳しく知る事ができれば、ティファニーをもっと好きになれますし、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

ティファニーの歴史について

ティファニーリング

ティファニーの創業は1837年のニューヨーク、ジュエリーブランドの中でも非常に長い歴史を持つ老舗ブランドです。
創業者はチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・バーネット・ヤングの二人で、当初は"ティファニー・アンド・ヤング"というお店で、ジュエリーではなく装飾品や文房具などを商品としていました。
中でも華やかな装飾品はとりわけ人気があり、たちまち名声が広がりニューヨーカー以外からも熱い支持を受けるようになります。

ティファニーがジュエリーの販売に乗り出したのは1843年のことで、ヨーロッパより輸入した金製品を取り扱ったのが最初とされています。
その2年後に、現在に続くティファニーの代名詞である"ブルーブック カタログ"の第一号を発行しました。
今でもブルーブックは年1回発行されており、ティファニーの最新作や煌びやかなジュエリーを眺めることが出来ます。

フランスの2月革命に則って、ティファニーは貴族から更に貴重で美しい宝石である、ダイヤモンドを買い入れることに成功します。
この革命をきっかけにティファニーは宝石事業に更に注力することとなり、大成功を収め、米国一の宝石商として名を馳せることとなります。

1850年代に入るとシルバー製品の取り扱いも開始し、更に商品展開を増やしていきます。
スターリングシルバー基準というシルバーの純度の基準を925/1000といち早く取り入れたのもティファニーで、のちに米国の公式基準として用いられるようになります。
ティファニーブルーと呼ばれるコーポレートカラーも、この時代に誕生しています。
ティファニーのシンボルともいえるスカイブルーのカラーは、美しい青色を有するこまどりの卵から着想を得たものであるとされています。
古くからブルーは高潔や誠実の意味を持ち、昔のイギリスでは資産を記帳する大切な台帳の表紙にもブルーカラーが採用されていたといいます。
丁度その頃にチャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、現在の社名であるティファニー&カンパニー(Tiffany & co)へと名称を変更します。
後のパリ万国博覧会ではティファニーが出展したシルバーウェアが優秀賞を受賞し、純度の高い銀と宝飾品としての高いデザイン性が評価され、ティファニーの名声は更に広がっています。

ティファニーの特徴について

ティファニーバイザヤード

ティファニーのダイヤモンドへ注ぐ情熱は熱く、創業者であるチャールズ・ルイス・ティファニーは、「キング オブ ダイヤモンド」とも称されています。
1878年にティファニーは当時の世界最大級である287カラットのイエローダイヤモンドを購入・カットしたものを世界に公開し注目の的となります。
そのダイヤモンドはティファニーダイヤモンドとも名付けられ、このような大きなダイヤモンドを精巧にカットする技術は発展途上だったこともあり、ダイヤモンドの歴史に残る偉業だとされています。
1886年にはダイヤモンドを6本の立て爪で支えるティファニーセッティングを考案し、今の婚約指輪などで主流となっている代表的なデザインになっています。
6本の細い爪がダイヤモンドを台座から光へと持ち上げることで、より美しく輝かせることの出来るセッティングだとされています。

ティファニーの代表ともいえるダイヤモンドの商品は今では数多く展開されており、結婚指輪や婚約指輪、記念日のプレゼントとしても非常に人気が高いものとなっています。
中でもダイヤモンドの定番ともいえる製品は、やはりバイザヤードネックレスではないでしょうか。
当時のデザイナーが、世界中の女性が予算に応じて好みのダイヤモンドの大きさをヤード単位で選ぶことが出来るようにと製作されたネックレスで、今ではティファニーのアイコン的な存在となっています。
他にも一世を風靡した"心を開く"という意味を持つオープンハート、涙がモチーフとなったティアドロップ、ティファニー本店の時計台から着想を得たアトラスなど、ダイヤモンドに限らずティファニーには様々な定番シリーズが存在し、それぞれ顧客からの熱い支持を得ています。

ダイヤモンドの他、ティファニーのもうひとつのアイコンである"ティファニーブルー"を用いたバッグや財布も人気があります。
ティファニーから皮革製品が発売されたのは2011年と最近のことで、まさに満を持して発売されたといっても過言ではありません。
象徴ともいえるティファニーブルーが使われたバッグや財布は、そのカラーだけでティファニーだと印象づけることの出来る洗練されたデザインを有しています。
職人達のこだわりはジュエリーだけでなく革製品にも生かされ、フィレンツェ郊外にある家族経営の工房で、手作業により丁寧に製作されているそうです。

創業から約200年の歴史の中で米国社交界の中心に君臨し、数々の貴族やセレブを顧客につけながらも一般層にまで浸透し、今や世界屈指の名ジュエラーにまで成長したティファニー。
今でも新作は数多く発表されており、バッグや食器も誕生するなど、更なる躍進を遂げるブランドとしても注目されています。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール