ブランド買い取り業者徹底比較!

タケオキクチ買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. タケオキクチ買い取りにおけるおすすめ業者
タケオキクチを高く売れる業者

タケオキクチ買い取りにおけるおすすめ業者

タケオキクチロゴ

タケオキクチは日本人デザイナーの菊池武夫氏により誕生したファッションブランドです。
80年初頭に巻き起こったDCブランドの火付け役にもなった有名ブランドのため、知っている方も多いのではないでしょうか。
タケオキクチの製品はスーツやビジネス用品、洋服などを中心に展開しており、流行に左右されないベーシックなデザインのため時代を問わず着ることが出来るのが特徴です。
しかしバッグや財布以外のブランド品などはブランド買い取り店にて問題なく買い取ってもらえますが、洋服やスーツとなると買い取りを渋られる場合も多く、一般のブランド買い取り店では断られてしまう可能性があります。

私が実際に数々のブランド品を売った体験から、タケオキクチを一番高く買い取ってくれるであろう買取店を1店に絞りご紹介します。
リサイクルショップなどで安く買いたたかれてしまうのは避けたい、ブランド専門の買い取り店でタケオキクチを売りたいと思った方へのご参考になれば幸いです。

しかしお店が抱えている在庫や人気の推移などにより、私がこちらのページで紹介する1社がいつでもタケオキクチを最も高値で買い取ってくれるとは限りません。
ブランド買い取りを行う場合は1店舗のみに絞って買い取ってもらうのではなく、5店・6店と複数店から相見積もりをとることが鉄則です。
各社から出してもらった見積もりの中より最も高い1社を選んで売却するのが、最もお得な方法だといえます。

こちらのホームページでも私の実体験から絞ったオススメの6社を紹介していますので、そちらも参考にしながら複数の業者より相見積もりをとることを強くオススメします!


タケオキクチが一番高く売れる買い取り業者

私の実体験から一番タケオキクチを高く買い取ってくれたのは「ブランド買い取り福ちゃん」でした。
私は「タケオキクチのキーケース」「名刺入れ」「ネクタイピン」の3点をまとめて査定してもらいましたが、2番目に高く買い取ってくれた買い取り業者よりも2割ほど高い査定額にて売ることが出来ました。
私が依頼したときには同一ブランドをまとめて売ると買取価格がアップするキャンペーンが開催されていたので、査定額が更に上がったのだと思います。
今も実施しているかは分かりませんが、買い取り業者によっても小まめにキャンペーンを行っているお店もあるので、問い合わせの際に一度質問してみるのも良いかも知れません。

父親がスーツを着ることがなくなったのでタケオキクチの製品をまとめて売りましたが、他のブランド買い取り店では断られてしまうこともあるネクタイピンなども買い取ってもらえたため、ビジネス用品をまとめて売りたいときにも重宝する買い取り業者ではないかと思います。
ブランド買い取り福ちゃんはバッグや財布などのブランド品だけでなく洋服やサングラスも買い取り対象としているため、例えばタケオキクチの洋服なども問題なく高値で売れると思います。
タケオキクチの買い取りであれば、ブランド買い取り福ちゃんはオススメです!


ブランド買い取り福ちゃんの評判

ブランド買い取り福ちゃんの詳細情報

買取方法
店頭買取/宅配買取/出張買取
買取依頼の費用
完全無料
対応地域
全国対応(一部宅配のみ)
傷や汚れの状況
かなり幅広く買い取ってくれます
受付時間
9:00~21:00

タケオキクチについて

タケオキクチとは、80年代に起こったDCブランドブームの代表となったデザイナーズブランドです。
トラディショナルで保守的なスタイルを提唱し、ベーシックなデザインに遊び心が加わったアイテムの数々で主に男性を中心に熱い支持を得ています。
日本を代表する名デザイナーである菊池武夫氏が設立しており、スーツを着る人やファッションに明るい人なら誰もが知る名ブランドです。
タケオキクチの歴史やブランド品の事を詳しく知る事ができれば、タケオキクチをもっと好きになれますし、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

タケオキクチの歴史について

タケオキクチ財布

タケオキクチは1984年に、創業者である菊池武夫氏が自身の名を冠したブランドを設立したことからスタートします。
東京で生まれた菊池氏は文化学院美術科でデザインについての勉学に励んだのち、舞台衣装などのコスチュームデザイナーとしても活躍し、今や日本を代表するファッションデザイナーとして世界中でその名が知られています。

菊池氏はウィメンズブランドである「ビギ」、そしてメンズアイテムを扱う「メンズ・ビギ」の設立者でもあり、日本人で初めてパリへとメンズブランドを出展した人物としても有名です。
ビギはDCブームの火付け役となったブランドで、ハリウッド映画などでも衣装として数々の服飾品が登場するほどの大成功を収めています。
しかし仕事仲間との意見の対立からビギを離れ、神戸に本社を置く大手アパレルメーカー「ワールド」へ移籍したのち、1984年に自身の名を付けたブランドである「タケオキクチ」をスタートさせます。
創業当時のタケオキクチはスーツスタイルを原点としたメンズブランドで、トラディショナルな英国風の要素を持ち日本の男性を中心に爆発的人気を引き起こしました。
ベーシックなデザインを中心軸としたビジネスアイテムは特に話題となり、その時々の流行をさりげなく取り入れたお洒落なトレンドアイテムは今なお健在です。
1999年にはタケオキクチのセカンドラインにあたるTK TAKEO KIKUCHIを発表し、新たにストリート要素も絡めたデザインで前衛的なスタイルを確立しています。

2004年には自分自身の年齢に沿うスタイルを提案するために一度タケオキクチを離れますが、2012年に再びデザイナーとしてブランドに復帰しています。

タケオキクチの特徴について

タケオキクチめがね

タケオキクチは”London POP”をコンセプトに様々な着こなしを提案し、スーツからカジュエルウェアまで幅広い品揃えで多くのファンを獲得しています。
タケオキクチといえばやはり外せないのはスーツやビジネスバッグ、シャツやネクタイといったビジネスアイテムで、小粋かつ保守的なデザインで主に20代~30代ぐらいの男性より熱い支持を得ています。
誰もが知るタケオキクチのネームバリュー、そしてさりげない個性が光るお洒落なデザインを備えているにもかかわらず、価格がリーズナブルな点も魅力のひとつとして挙げられています。
スーツやシャツだけでなく、普段のコーディネートやオフィスカジュアルにも使えるようなアイテムも沢山揃っているため、オンでもオフでも自分らしいスタイリングが出来る点も人気の理由です。

そしてプレゼントとしても人気があるのが、タケオキクチの財布です。
シンプルで飽きの来ないデザインのため、下は10代から40~50代と幅広い世代が愛用している人気アイテムで、スタンダートなブラックレザーから白や赤などの様々なカラーが展開されており、好みに合わせて選ぶことが出来ます。
尖ったような鋭い個性はありませんがベーシックに使うことの出来るデザインで、シチュエーションを問わずに愛用できる点も特徴です。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール