ブランド買い取り業者徹底比較!

ピアジェ買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. ピアジェ買い取りにおけるおすすめ業者
ピアジェを高く売れる業者

ピアジェ買い取りにおけるおすすめ業者

ピアジェロゴ

ピアジェの買い取りを考えたときに最も高く売るコツは只一つ、【買い取り業者の選び方】のみです。
ピアジェは時計やジュエリーなど元々の価格も高額なブランドですので、売るときにも慎重になる必要があります。
買い取り店ごとのピアジェの査定額の差は大きく、いかに得をするかは買い取り店の選び方にかかっています。
私の実体験から、ピアジェを最も高く買い取ってくれるであろう買い取り業者を1店のみご紹介します!

しかしピアジェの買い取り額はその品物の状態や相場の上下、また買い取り店ごとの在庫にも左右されますので、私が紹介する1店が常に最も高値でピアジェを買い取ってくれるかは保証できません。
ピアジェだけでなく他のブランドもそうですが、ブランド買い取りにあたり最高額で売りたい場合は、1店のみに絞って買い取ってもらうのではなく複数店から見積もりを取る"相見積もり"が鉄則です。
相見積もりで一番高い買い取り額を出してくれた業者に売ることで、必然的に最も得をすることが出来るのです。
このページ以外にもお勧めの買い取り業者を他に5社紹介していますので、そちらや馴染みの買い取り店も視野に入れ、複数店にて見積もりを出してもらうことをオススメしています!


ピアジェが一番高く売れる買い取り業者

私の実体験から最もピアジェを高く買い取ってくれたのは「買取プレミアム」でした。
私が売ったピアジェの製品は「ピアジェローズの指輪」でしたが、2番目に高い買い取り額を提示してくれた業者と比較しても2割ほど高い買い取り額にて売却することが出来ました。
中には証明書や保証書がないと買い取ってくれないようなお店もありましたが、買取プレミアムであれば付属品がない状態でも快く受け付けてくれたうえ、他の買い取り店よりも高い値段を提示してくれて良かったです。
ピアジェの買い取りであれば、買取プレミアムはおすすめです!


ブランド買い取り買取プレミアムの評判

買取プレミアムの詳細情報

買取方法
持ち込み買取/宅配買取/出張買取
買取依頼の費用
完全無料
対応地域
全国対応
傷や汚れの状況
状態が悪くても可
受付時間
24時間対応

ピアジェについて

ラグジュアリーの真骨頂とも称されることのある、ピアジェ。
ピアジェを宝石やジュエリーメーカーとして知っている方も多いと思いますが、ピアジェは時計工房からスタートしており、大成功を収めたブランドなのです。
ピアジェの歴史やブランド品の事を詳しく知る事ができれば、ピアジェをもっと好きになれますし、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

ピアジェの歴史について

ピアジェネックレス

ピアジェの創業は1874年、スイスの小さな集落に築いた時計工房から始まります。
創業者のジョルジュ・エドワールは主に懐中時計の製造を行い、小さな工房ながらも技術力は類まれなるものがあり、良質で高精度なムーブメントが評価され、いつしか数々の時計ブランドからの注文が殺到するようになります。
創業当初より調整や仕上げ、そして装飾などの分野を特に得意としており、その他もケースや中身、そしてベルトまでを一貫製造することで、ピアジェは当時数少ないマニファクチュールとして確実なる地位を築き上げています。
その後設立者であるジョルジュ・エドワールから孫のジェラルド・ピアジェへと経営が引き継がれ、"ピアジェ"としてブランドの商標登録を行い、製品にはピアジェの刻印が施されるようになりました。

ピアジェは時計の可能性を常に模索しており、1950年代には薄型ムーブメントの製造に注力するようになります。
1960年に完成した薄型ムーブメント"キャリバー12P"は、世界で最も薄いムーブメントとしてギネスに登録されました。
キャリバー12Pが時計の歴史に残る名機とされるのは、その美しさだけに留まらず、世界で最も薄型の自動巻きである記録を長年保持し続けたことによります。
ムーブメントの高さを僅か2.33mmに抑え込み、ピアジェの技術力の高さを象徴するエピソードとして、今なお語り継がれています。

ピアジェのもうひとつの姿であるジュエラーとしての歴史は、1959年からスタートしています。
この時代はピアジェにとって懐中時計、そしてムーブメントの製造から腕時計本体の製造への転換期となっており、この頃には商標登録も済ませ、小さな時計工房から一大時計ブランドへと勢力を徐々に拡大していた頃になります。
ピアジェは1960年にジュネーブに設けられた金細工の工房を買収し、ドレスウォッチやジュエリーの製作を手掛けるようになりました。
時計の製作で培った技術を活かした繊細なジュエリーは瞬く間に人気となり、やがて時計の製造とも相乗効果を齎すようになります。
確かな技術と高いデザイン性を合わせ持つブランドであるピアジェは、今では宝飾時計とジュエリーを中心に、数多くの商品を展開しています。

ピアジェの特徴について

ピアジェ時計

ピアジェの腕時計における代表作といえば、「ピアジェ ポロ」ではないでしょうか。
確かな技術と視認性の良さ、そして時計を実用性だけでなく装飾として魅せることにも重きを置いた大胆なデザインで、1979年の発売から根強い人気を誇り、ブランドの象徴ともいえるシリーズへと成長しています。
2001年にはデザインがリニューアルされ新しいコレクションも追加されるなど今なお衰えない人気を持つ、ピアジェの定番商品です。

時計製造に余念のないピアジェが持つ技術とこだわりは、ジュエリーの分野においても広く生かされています。
例えばピアジェの使用しているダイヤモンドは、カラーはG以上、そしてクラリティがVVS以上と非常に高い基準に適うもののみが採用され、あらゆる角度から厳格な審査を受けた一級品のみしか使用しないというこだわりを持っています。
ダイヤモンドや宝石を華やかに纏ったピアジェのネックレスやリングは高い質、そして時計製造で培った繊細なデザインを合わせ持ち、世界中のセレブを中心に根強い支持を誇っています。

2004年には創業130年を迎え、常に新しい視点で芸術を追及し続けるピアジェ。
1世紀以上に渡る伝統技術と、宝飾品の美しいセッティングや加工技術、そしてオリジナリティー溢れるデザインはピアジェならではの作品として、今なお愛され続けています。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール