ブランド買い取り業者徹底比較!

モンブラン買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. モンブラン買い取りにおけるおすすめ業者
モンブランを高く売れる業者

モンブラン買い取りにおけるおすすめ業者

モンブランロゴ

モンブランといえば世界各国から愛され続けている歴史ある文具ブランドで、万年筆をはじめ時計やビジネスバッグなど数々の商品展開を持ち、ビジネスマンの頼れるパートナーとして愛され続けているハイブランドです。
特にモンブランの万年筆やボールペンは流行に左右されず耐久性にも富んでいることから中古でも人気があり、ブランド買い取りでも高い値段がつきやすくなっています。
私の実体験から、モンブランを最も高値で買い取ってくれるであろうオススメの買い取り業者を1社に絞りご紹介します。

ですが買い取り業者ごとのストックや在庫数、市場の相場の変動によっても買い取り額は変わってしまうため、ここでご紹介する買取業者が常に最も高値で買い取ってくれるかは保証できません。
ブランド買い取りを検討している場合、ひとつのブランド買い取り店に絞って売るのではなく、複数社から相見積もりをとることによって、最も高い買い取り価格にて売却することが出来ます。

そのためモンブランの製品を最高額で売りたい場合は、こちらのホームページで紹介している6社での相見積もりも視野に入れ、なるべく複数の買い取り店にて見積もりを出してもらうことをオススメしています。
(査定料無料の買い取り業者のみをピックアップしていますので、スムーズに見積もりを比較することが出来ると思います。)


モンブランが一番高く売れる買い取り業者

私の実体験で最もモンブランを高く買い取ってくれたのは、「ブランド買い取り福ちゃん」です。
私が売ったのは「モンブランのボールペン」そして「モンブランの財布」の2点ですが、複数点持ち込んだことも査定額アップに繋がったのか、2番目に高い値段を出してくれた買い取り業者と比較しても2割ほどの高値で買い取ってもらうことが出来ました。
両方とも父親が何年も使用していた製品のため使用感は否めない状態でしたが、ダメージが目立つ状態であってもきちんと値段をつけてくれた点も好印象でした。

ブランド買い取り福ちゃんは総合買取業者のためボールペンや財布だけでなく、モンブランの時計も査定対象として取り扱っており、問題なく買い取ってくれるようです。
モンブランの買い取りであれば、ブランド買い取り福ちゃんはオススメです!


ブランド買い取り福ちゃんの評判

ブランド買い取り福ちゃんの詳細情報

買取方法
店頭買取/宅配買取/出張買取
買取依頼の費用
完全無料
対応地域
全国対応(一部宅配のみ)
傷や汚れの状況
かなり幅広く買い取ってくれます
受付時間
9:00~21:00

モンブランについて

万年筆・ボールペン等の高級文房具にはじまり、今や腕時計やビジネスバッグなど幅広い商品展開を見せるモンブラン。
高い品質とデザイン性を備え、もはや一流を愛するビジネスパーソンのステータスといっても過言ではありません。
モンブランの歴史や商品の特徴を知ると、モンブランのことがもっと好きになりますし、老若男女問わず様々な人が所持していますので、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

モンブランの歴史について

モンブラン万年筆

モンブランの万年筆の歴史は、ハンブルクで文具商として働いていたクラウス・ヨハネスへと銀行家のクリスティアン・ラウゼン、そしてベルリンのエンジニアであるヴィルヘルム・ジャンボアがスポイト式の万年筆の制作を依頼したことからスタートします。
インクタンクを内蔵するスマートなデザインに惹かれた彼らはドイツにて万年筆専門の会社を設立し、一流の文房具の製作に生涯をかけることとなります。
始めから順風満帆とはいかず設立当初は資金難に見舞われたモンブランですが、ペン先を保護する技術を自社で新たに開発したことにより、徐々にその名が知れ渡ります。

モンブランの名称が誕生したのは1909年で、同年に商標登録も完了し、その後製造される筆記具全てにモンブランの名が使用されるようになりました。
その4年後には「ホワイトスター」のロゴマークが考案され、モンブランのシンボルとして愛されるようになります。
ホワイトスターはヨーロッパ最高峰の山であるモンブランの山頂に積もる万年雪をイメージして考案され、ヨーロピアンクラフトマンシップの最高峰であるということを象徴しています。
1924年にはモンブランの代表作となるマイスターシュテックが発売され、その美しさと高い品質から人気を博し、現在も万年筆の最高峰として世界各国から愛されています。

万年筆やボールペンなどの高級筆記具だけでなく、モンブランは時計製造においても高い評価を得ています。
モンブランの時計の歴史は1997年にS.I.H.Hへと出展したことから始まり、時計ブランドとしての歴史は他の著名メーカーと比べると浅いものの、万年筆製作で培った確かな技術と芸術的なデザインで人気を博し、一流時計メーカーとしても急成長を果たしています。

今なお創業地であるドイツのハンブルグに本社を構えるモンブランですが、機械式腕時計の製造に至っては専門の別会社"モンブラン モントレ S.A"を時計の聖地であるスイスへと設立しており、本格的な製造をスタートします。
2006年には設立から150年の歴史を持つ老舗時計ブランドであるミネルバを吸収し、その技術をプロセスを活かし数年後には自社ムーブメントを開発、短期間のうちに一躍名門時計メーカーへと上り詰めました。
その後もパーペチュアルカレンダーやトゥールビヨンなどの複雑機構を開発し、ドイツのクラフトマンシップとスイスの製造技術の融合により,時計界に新たな境地を開いたブランドとしても有名になりました。

モンブランの特徴について

モンブラン時計

モンブランの万年筆の代表作といえば、やはり圧倒的な人気を誇り、誰しもが賞賛するマイスターシュテックではないでしょうか。
1924年の発売開始から現在に至るまで基本構造はほとんど変わっておらず、伝統を守り続けるデザインと豊かな貫禄を持ち、生涯に渡って使いつづけることのできる万年筆だと称されています。
松本清張や北方謙三などの歴史上の偉人、多くの作家もマイスターシュテックを愛用し、今なおボールペンの最高峰として愛され続けている一級品です。

モンブランの万年筆は、目視での確認のみだけでなく実際に書いたときの音でもチェックが行われ、幾度に渡る入念な検査を得てあの心地よい書き味が完成しているそうです。
ペン先が紙と擦れる僅かな音の違いを聞き分けられるのは、熟練した技術を持つほんの一握りの職人のみだといわれています。
まさにプロの技ともいえるチェック方法により、モンブランの紙面を走るような滑らかな書き心地が誕生するのです。

モンブランは「The Art of Writing」、直訳すると”書く芸術”とも呼ばれ、世界各国の文具愛好家からも高い評価を受け、最高峰のブランドとして知られています。
ドイツが誇る高い品質と洗練されたデザインは万年筆だけでなく時計製造にも生かされ、時計市場においても大成功を収めました。
現在のモンブランは万年筆や時計のほか財布や鞄なども手掛け、一流を愛するビジネスマンのパートナーとして不動の地位を確立しています。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール