ブランド買い取り業者徹底比較!

ルイヴィトン買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. ルイヴィトン買い取りにおけるおすすめ業者
ルイヴィトンを高く売れる業者

ルイヴィトン買い取りにおけるおすすめ業者

ルイヴィトンロゴ

ルイヴィトンといえば知らない人はいないほどの有名ブランドですので、どこの買い取り店に持っていってもそれなりの値段はつけてもらえます。
しかし買い取り価格はお店によって大きな開きがあり、高く買い取ってくれるお店と安い値段にしかならないお店とでは、価格に雲泥の差が生まれてきます。
私の実体験から、ルイヴィトンを最も高値で買い取ってくれるであろうオススメの買い取り業者を1社に絞りご紹介します。

ですが、買い取り業者が抱えているストックや在庫、そして市場の相場の変動により、ここでご紹介する買取業者が常に最も高値で買い取ってくれるかは保証できません。
ブランド買い取りを検討している場合、ひとつのブランド買い取り店に絞って売るのではなく、複数社から相見積もりをとることによって、最も高い買い取り価格にて売却することが出来ます。

そのためお持ちのルイヴィトンの製品を一番高く売りたい場合は、こちらのホームページで紹介している6社での相見積もりも視野に入れ、複数の買い取り店にて見積もりを出してもらうことをおすすめします。


ルイヴィトンが一番高く売れる買い取り業者

私の実体験で最もルイヴィトンを高く買い取ってくれたのは、「スピード買取」です。
シャネルも一番高く買い取ってくれたため、有名ブランドに非常に強い買い取り店だと見受けられました。
売却したルイヴィトンの品は「モノグラムのネヴァーフル」そして「ダミエの財布」の2点ですが、複数点持ち込んだことも評価してくれ、他社と比較しても2割ほどの高値で買い取ってもらうことが出来ました。

ルイヴィトンの品はどこの買い取り店でも力を入れている印象ですが、スピード買い取りは少し汚れのあったダミエの財布も高く買い取ってくれたため、少々のダメージがあっても値段をつけてくれることも好印象でした。
ルイヴィトンの買い取りであれば、スピード買取はおすすめです!


ブランド買い取りスピード買取の評判

スピード買取.JPの詳細情報

買取方法
宅配買い取り/出張買い取り
買取依頼の費用
完全無料
対応地域
全国対応
傷や汚れの状況
汚れに対しても寛容
受付時間
10:00~20:00

ルイヴィトンについて

【ルイヴィトン】といえば、定番のモノグラム柄をはじめダミエやエピ、デニムなど様々なデザインが存在し、老若男女を問わず愛され、世界的人気を博しているブランドです。
モノグラムやダミエといった息の長い定番デザイン、そして丈夫な生地やしっかりした縫製でハイブランドの中でも屈指の人気を誇ります。
カジュアルなデザインからビジネスバッグ、財布やキーケースまで様々な商品が展開されていますが、高いデザイン性を博しているのはもちろんのこと、耐久性のある丈夫な生地で長年愛用できることも人気の理由のひとつです。
その高いデザイン性と耐久性には、ルイヴィトンの歴史が深く関係しています。
ルイヴィトンの歴史や商品の特徴を知ると、ルイヴィトンのことがもっと好きになりますし、老若男女問わず様々な人が所持していますので、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

ルイヴィトンの歴史について

ルイヴィトンマトラッセ

旅行鞄専門店としてスタートしたルイヴィトン。
当時は現在の交通とは全く異なった事情となっており、当時の運送方法は馬車が一般的でした。
その時代のトランクは、雨水が溜まらず落下しやすいようにとの目的で丸い蓋にて製作されていました。
対してルイヴィトンは容易に積み上げることの出来る、蓋が平らなトランクをデザインします。
急速な輸送技術の発展に伴い車が社会に進出するにあたって、こちらの蓋が平らなトランクはヒット商品となり、ルイヴィトンは一躍有名ブランドとなりました。

ルイヴィトンのトランクがヒットしたもうひとつの理由としては、快適性に加え、安全性も備えていたこと。
この時代の旅行といえば船旅が主流であり、ルイヴィトンは沈没事故にそなえて”水に浮く”トランクを開発しています。
当時の社会の変化を機敏にキャッチし商品に取り入れる前向きな姿勢が人々の心を掴み、ルイヴィトンは着実に支持を集めるようになりました。
※現在は鞄の軽量化が支持されるようになり別の素材が使われているため、水には浮かないように製作されていますが、特注品であれば製作することが出来るようです。

さて、トランクにて発起し一躍人気を博したルイヴィトンに、ある転機が訪れます。
それが西洋のデザイン史を大きく変えることとなった、ジャポニズムです。
ジャポニズムとはフランスを中心としたヨーロッパで広がった日本趣味のことで、当時の西洋文化に大きな影響を与えました。
ジャポニズは作家や画家だけでなく、主にファッションやインテリアに関連するデザイン企業にも多大なる影響を与えました。
勿論ルイヴィトンも例外ではなく、日本の”市松模様”に着想を得て製作されたのが、今でも非常に人気のあるダミエになります。
他、モノグラムの模様も日本の家紋からインスピレーションを受けたといわれています。

ルイヴィトンの特徴について

ルイヴィトンスーツ

リシュモングループの中核に君臨する一大人気ブランドである、ルイヴィトン。
ファッションブランドとしては異例ともいえる業績と歴史の長さを誇り、その知名度からも人気の高さがうかがえます。

ルイヴィトンは常に革新的な商品を発明するのではなく、定番デザインを進化させることにより、多彩な表情を見せるシリーズ展開に成功しています。
例えばモノグラムのデザインはそのままに、デニム生地に装飾を施したモノグラム・デニム、モノグラムの生地にパンチングを施したモノグラム・ペルフォ、メタリックな生地を採用しモノグラムの型押しを施したモノグラム・ミラーなどが存在し、どれも人気のあるシリーズです。
エナメルにモノグラムの型押しを施したヴェルニも定番商品で、雑誌などでもよく特集が組まれているのを目にします。

さらに有名人ともコラボすることにより、柔軟な姿勢でデザインに取り組み、様々な層のファンを獲得していることでも有名です。
日本人デザイナー村上隆とコラボし、モノグラムをアレンジしたマルチカラーはムラカミ・モノグラムとも呼ばれ世界的なヒット作品となりました。
現代芸術家の草間彌生ともコラボしており、草間さんを代表する水玉模様をデザインに取り入れたことで、こちらと話題を呼んだシリーズです。
アーティストであるスティーブン・スプラウスともコラボし、モノグラム・グラフィティが代表作となっています。

2001年からは時計の製造も開始し、「ウォッチメイキングの世界で中心的な存在を目指す」といった心意気の元で展開を進めています。
ルイヴィトンの今後の目標は時計をブランドの中核プロダクトとして位置づけることで、積極的な商品展開が見込まれています。
ルイヴィトンが所属するリシュモングループの傘下には、タグホイヤーやIWC、パネライなど数々の時計ブランドが存在し、切磋琢磨して技術力を向上することの出来る環境が整っています。
汎用性の高いETAムーブメントをベースとしていますが、そこに改良を加えたもの、更にはゼニスの有名ムーブメントを導入したモデルなども存在し、通常のファッション時計とは一線を画した存在へと急成長を遂げています。時計製造においてもデザインだけでなく質の高さにこだわり、余念のない製造を行っていることが窺えます。

さらにルイヴィトンは、2011年に複雑機構ミニッツリピーターを搭載したモデルも発表しています。
ミニッツリピーターとは分かりやすく表現するといわゆるアラーム機能ですが、デジタルではない腕時計でこうした技術を再現するには大変複雑な機構が必要なため、ルイヴィトンの技術力の高さがうかがえるエピソードとなっています。
ルイヴィトンの時計の最新作はジュネーブやバーゼルなどの高級腕時計の見本市で展示されるなど、時計製造においても世界的に認められたブランドとなっています。

日本で初めてルイヴィトンの顧客となったのは、板垣退助とともに民選議員設立を建白したことでも知られる後藤象二郎だというのだから驚きです。
板垣退助も欧州視察に派遣された際、友人からの贈呈でルイヴィトンのトランクを愛用したことでも知られています。
確かな技術と歴史、多様なデザインで愛されているルイヴィトン。今後の展開も目が離せませんね♪

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール