ブランド買い取り業者徹底比較!

ジバンシィ買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. ジバンシィ買い取りにおけるおすすめ業者
ジバンシィを高く売れる業者

ジバンシィ買い取りにおけるおすすめ業者

ジバンシィロゴ

ジバンシィの買い取りを考えた際、少しでも高額で売るコツはただひとつ【ブランド買い取り業者の選び方】のみです。
しかしジバンシィの買い取りは様々な買い取り店が行っているために、どの買い取り店に売ればいいか悩んだことのある方も多いのではないでしょうか。

ブランド専門の買い取り店のみならず、洋服専門の買い取り店や喫煙具・ライターの買い取り店、そしてジバンシィのアクセサリーであれば貴金属の買い取り店など、ジバンシィを売るときに利用することの出来る買い取り店は数多く存在します。
しかしそれぞれの専門分野に則った買い取り店に依頼したからといって、そのジバンシィの品物を一番高い金額で売ることが出来るとは限りません。
買い取り店ごとのジバンシィの査定額の差は大きく、いかに得をするかは買い取り店選びにかかっているのです。
これはジバンシィだけでなく、他のブランドの洋服やバッグ、財布などをを売る際にもいえることです。

しかしジバンシィを最も高く買い取ってくれる業者に運良く一度で出会えれば話は早いのですが、なかなかそうはいきません。
対策としては1店のみに絞ってジバンシィを売却するのではなく、複数店から見積もりを取り査定額を比較することで、お手持ちのジバンシィの品物を最も高く売ることが出来ます。
ブランドを高く売るコツのページでも紹介していますが、一社から見積もりを取るのも複数のお店から見積もりを取るのも、そう手間は変わらないのです。

私自身の実体験からブランド買い取り業者の比較を行っていますのでそちらの利用や、依頼したことのある馴染みの買い取り店の利用も視野に入れ、複数店から相見積もりをとることをお勧めしています!

ジバンシィについて

バッグや財布はもちろん、ライターや化粧品に至るまでそのエレガントな世界観を打ち出したジバンシィは、性別を問わず幅広い顧客がその商品を愛用し、誰もが知る名ブランドへと成長を遂げています。
"モードの神童"との異名を持つ創業者ジバンシィの才能の開花は非常に早く、若干24歳にしてその名声を手に入れています。
ジバンシィの歴史やブランド品の事を詳しく知る事ができれば、ジバンシィをもっと好きになれますし、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

ジバンシィの歴史について

ジバンシィバッグ

ジバンシィの創業者であるユベール・ド・ジバンシィはパリに生まれ、1937年に開催されたパリ万博でのファッショナブルな衣装の展示を見たことをきっかけに、デザインへの道へ進むことを決意します。
17歳になった頃にメゾンへ就職し、様々なショップを経て経験を積み、最終的には"エルザスキャパレリ"の主任を務めるようになります。

1951年に初となる自身のコレクションを発表しますが、資金の問題で高級な素材を使用することが難しく、止む無くシンプルなコットン素材を用いて洋服を製作します。
資金難から採用することとなったコットンの洋服ですが、今までにない前衛的なスタイルが話題を呼び、ジバンシィは僅か24歳にして「モードの神童」の名称で親しまれるようになります。
初のコレクション発表の翌年に"ジバンシィ"を設立し、満を持してハイブランドの仲間入りを果たすこととなりました。

独立から3年後、ジバンシィは当時一世を風靡していたディオールのニュールックとは正反対の、ウエストもヒップもないシュミーズドレスを発表します。
ディオールのニュールックは女性の体のシルエットを最大限に生かした華美なものでしたが、ジバンシィのドレスは生地の自然な流れが美しく浮き出るようなデザインで、その時代のスタイルに新たな風を起こすことなります。

締め付けのない自由なラインを採用したジバンシィのドレスは着心地も抜群で、今までの窮屈なシルエットとは正反対のもので、革命的な衣装として話題を呼びました。
今までにないデザインを次々と生み出すジバンシィは新たなファッションの切り口を作ったといっても過言ではない人物で、かの有名女優オードリー・ヘップバーンの映画にも多くの衣装を提供しています。

ジバンシィの特徴について

ジバンシィ財布

強さと大胆さを備えたジバンシィの衣装は高貴さを普段着に落とし込み、エレガンスで日常的なスタイルを提案しています。
誰もが似合うデザインのため幅広い年齢層にマッチし、その商品展開の多さからも様々な層の顧客がジバンシィの製品を愛用しています。

ジバンシィのバッグはモードでスタイリッシュなデザインからエレガントなものまで沢山の製品がありますが、中でも"パンドラ"はジバンシィの代表作で、ミニやミディアムなど様々なサイズも取り揃えており、日常生活やちょっとしたパーティまで幅広く使用することが出来ると人気があります。

ジバンシィは1989年にコスメティックラインを発表し、チークやグロスなど様々な化粧品を販売しています。
最初に発売されたジバンシィのコスメは4色のフェイスパウダーで、肌色や質感を自在に調整することが出来、どのような女性にもマッチするよう製作されています。
現在でも百貨店のジバンシィには、定番品や新作を求める顧客が数多く訪れています。

ジバンシィがコンセプトに掲げる「エレガント」は、例えばライターなどといったジバンシィの小物にまで反映されています。
他にもアメリカの高級車であるリンカーンや日本車の日産ともタイアップを果たすなど、ジバンシィの世界観は数々の企業からも絶賛されています。

ページ上部へスクロール