ブランド買い取り業者徹底比較!

ショーメ買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. ショーメ買い取りにおけるおすすめ業者
ショーメを高く売れる業者

ショーメ買い取りにおけるおすすめ業者

ショーメロゴ

ショーメの買い取りを考えたときに、どの買い取り店に売ればいいか悩んだことのある方も多いのではないでしょうか。
ブランド買い取り店のみならず、宝石専門の買い取り店や貴金属の買い取り店、そしてショーメの時計であれば時計の買い取り店など、ショーメを売るときに利用することの出来る買い取り店は数多く存在します。
しかしそれぞれの専門分野に則った買い取り店に依頼したからといって、そのショーメの品物が一番高い金額で売ることが出来るとは限りません。
買い取り店ごとのショーメの査定額の差は大きく、いかに得をするかは買い取り店選びにかかっているのです。
これはショーメだけでなく、他のブランドジュエリーやアクセサリーを売る際にもいえることです。

ショーメなどのブランドジュエリーを売る際に最も高く売るコツは【ブランド買い取り業者の選び方】ただひとつです。 ショーメを最も高く買い取ってくれる業者に運良く一度で出会えれば話は早いのですが、なかなかそうはいきません。
対策としては1店のみに絞ってショーメを売却するのではなく、複数店から見積もりを取り査定額を比較することで、お手持ちのショーメの品物を最も高く売ることが出来ます。

私自身の実体験からブランド買い取り業者の比較を行っていますのでそちらの利用や、依頼したことのある馴染みの買い取り店の利用も視野に入れ、複数店から相見積もりをとることをお勧めしています!

ショーメについて

世界五大宝飾店、通称グランサンクのうち1店として有名なショーメ。
その歴史も非常に華やかなるもので、世界中の王族や貴族の御用達宝飾店として愛されていました。
ショーメの歴史やブランド品の事を詳しく知る事ができれば、ショーメをもっと好きになれますし、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

ショーメの歴史について

ショーメリアンネックレス

創業から約240年の歴史を持つショーメ。その始まりは1780年のパリにまで遡ります。
当時、王妃マリー・アントワネットのお気に入りの宝石商であった"オベール"の元で修行を積み貴族の家に出入りしていたひとりの宝石職人、マリ・エティエンヌ・ニトがパリのサントノレ通りに小さな宝飾店を構えたことから始まります。
ある日、ナポレオンが手綱を握っていた馬車がショーメのお店の前で突然暴れだし、それを見かけたニトは賢明にナポレオンを救い出しました。
深く感謝したナポレオンはショーメに必ず礼をすることを約束し、その後ナポレオンが皇帝になったのち、儀式にショーメのティアラを用いるという形で果たされることとなりました。
そしてショーメが手掛ける美しい品々に魅了されたナポレオンは、1802年にショーメを初の公式宝石商へと任命することとなります。

公式ジュエラーに任命されたショーメはそれからも140カラットの大きなダイヤモンドを埋め込んだ宝剣や、後の后妃であるマリー=ルイーズの婚礼の例に豪華な装身具などをデザインし ています。
ナポレオンとその周りの女性たちに贅の限りを尽くした麗しい宝飾の数々を提案したショーメの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土へと広がっていきます。
王室御用達の宝石商であったショーメは1830年、パリのヴァンドームにショップを構えるグランサンクのうち一店として、宝飾店の名門としての地位を確立しました。
1885年にジョゼフ・ショーメが後継者となったとき、メゾンに自身の名前を冠すようになり、現在のショーメを名乗るようになりました。
1900年のパリ万国博覧会の出展を先頭に、各場所で行われている博覧会にも精力的に出品するようになり、数々の賞を受賞しています。
そうしてショーメはフランス王室お抱えの宝石商から、イギリスやロシア、そしてアジアなどの世界の王室から愛される名門ジュエラーへと成長していくのです。

ショーメの特徴について

ショーメ時計

王室御用達の華やかな歴史に基づき、フランスだけでなく世界各国の王族や貴族のジュエリーを手掛けてきたショーメ。
中でも王侯貴族の結婚式に用いられるティアラには定評があり、これまでショーメは3000個以上にも及ぶティアラを製作してきたそうです。
数々の王族の結婚式にて愛されたショーメは、今も由緒正しき伝統に基づいたブライダルコレクションを手掛けています。
特に人気のあるシリーズは、大切な人とのかけがえのない絆を象徴するリアン、そしてナポレオンの最愛の皇后であったジョゼフィーヌをビジョンとしたジョセフィーヌコレクションなど、様々なデザインで美しい愛を表現しています。
ひとつひとつが丁寧に作り込まれた美しいショーメのブライダルジュエリーの数々は、いつの時代においても幸せの象徴として花嫁の憧れの的となっています。

ショーメはジュエリーだけでなく時計の製造も古くから行っており、現在確認されている最古のショーメの時計は、なんと1811年に製造されたものだといわれています。
1970年にはパリの老舗時計店であったブレゲの経営権を取得し、当時天才とうたわれた時計師であるダニエル・ロードを筆頭に時計製作に注力します。
ブレゲの創業者が残した古い時計や製造中止となった部品を次々と修復させ、ブランドの復興に大きく携わった宝石商としても讃えられています。

1995年からは本格的に時計を商品として取り入れるようになり、ブレスレットに時計を組み込んだジュエリーウォッチであるケイシス、そして異素材の組み合わせで定評を呼んだクラスワンなどの様々なデザインを発表し、グランサンクの誇りを感じるエレガントなデザインで人気を博しています。

世界五大宝飾店、グランサンクの中のうち一店であるショーメ。
世界を代表する一流の宝石店であるショーメは、これからも圧倒的な存在感と歴史に基づく気品で、世の人々を引き付け続けることでしょう。

ページ上部へスクロール