ブランド買い取り業者徹底比較!

シャネル買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. シャネル買い取りにおけるおすすめ業者
シャネルを高く売れる業者

シャネル買い取りにおけるおすすめ業者

シャネルロゴ

シャネルの買い取りを考える際に、少しでも高く売る為に重要な事は【ブランド買い取り業者選び】ですので、私の実体験から、シャネルを一番高く買い取ってくれるであろう買取業者を一社ご紹介します!

ですが、一つ注意があり、買い取り業者の在庫状況や独自の販売市場の関係上、ここで紹介している買い取り業者が必ずしもあなたが売るもシャネルを最も高く売れるとは限りません。

ブランドを高く売るコツのページでも説明していますが、ブランド買い取りにおいて最高価格でブランドを売りたい場合は基本的に複数のブランド買い取り業者で相見積もりを取る事が鉄則です。

ですので、シャネルの品物を少しでも高く売りたいとお考えであれば、お勧めのブランド買取業者を6社紹介していますので、そちらも参考にして相見積もりを取る事をおすすめします。


シャネルが一番高く売れる買い取り業者

私の実体験上から一番シャネルを高く買い取ってくれたのは「スピード買取」でした。
私が売ったシャネルの品は「マトラッセのショルダーバッグ」でしたが、二番目に高かった他社と比較しても1割程高い査定価格で買い取ってくれました!

シャネルは人気が高く、ハイブランド品ですので、どこの買い取り業者も力を入れて買い取りしてくれるとの事でしたが、シャネルを含む様々なブランド品を強化買取中だったスピード買取が頭一つ抜けた査定価格を提示してくれました。
シャネルの買い取りをお考えでしたら、スピード買取はおすすめですよ!


ブランド買い取りスピード買取の評判

スピード買取.JPの詳細情報

買取方法
宅配買い取り/出張買い取り
買取依頼の費用
完全無料
対応地域
全国対応
傷や汚れの状況
汚れに対しても寛容
受付時間
10:00~20:00

シャネルについて

【シャネル】と聞けば、現在では知らない人はいない程の有名なブランドです。
多くの女性から人気があり持ちたいと考えている為、彼氏からプレゼントされれば女性にとっては非常にうれしいブランドです。
ですが、「シャネルってどういう会社なの?」と聞かれれば女性であっても答える事は難しいのではないのでしょうか?

ですので、これからシャネルというブランドの特徴や歴史を紹介します。
シャネルの歴史やブランド品の事を詳しく知る事ができれば、シャネルをもっと好きになれますし、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

シャネルの歴史について

シャネルマトラッセ

シャネルの始まりは1910年にココ・シャネルという人物がフランスのパリにて「シャネル・モード」という帽子専門店をオープンした事が始まりです。
その後1913年にモードブティック、1915年に「メゾンド・クチュール」をオープンさせていき、この年からシャネルはオートクチュールのデザイナーとして本格的デビューをしました。
そして1921年、シャネル本店を移転させたこの年にシャネルは初の香水「NO.5」を5月5日に発売しました。
シャネルの送り出すアクセサリーや香水、洋服と言ったブティック製品は当時から多くの人に愛され、順調に店舗も拡大し、シャネルは成長をしていきましたが、1939年に事件が起こります。
1939年には4000人もの従業員を抱える大企業としてシャネルは成長していましたが、質の高いブランド品を生み出すシャネルの労働環境は非常に過酷であることから、労働者がストライキを敢行しました。
しかし、今まで苦労して現在のシャネルを築き上げたココ・シャネルはストライキを起こした労働者の考えを受け入れる事ができず、結局、香水とアクセサリのブティック以外の店舗とビジネスを閉鎖し、大幅な規模縮小と共に一時ファッション界から引退をしました。
しかし、同年9月に第二次世界大戦が勃発し、ココ・シャネルは当時敵国のドイツ軍将校と愛人関係になった事もあり、1944年にフランスが解放された後にはスイスへの逃亡を余儀なくされ、ココ・シャネルは長期的なファッション界からの引退も余儀なくされました。

そして、スイスへの逃亡から10年後の1954年、スイスでの亡命生活を終えたココ・シャネルはようやくパリに戻る事ができ、およそ15年ぶりに閉鎖していた店舗を再開させ、オートクチュール・コレクションの復活と共にファッション界への復帰を果たしました。
当時のヨーロッパではココ・シャネルに対するパッシングは散々なものでしたが、一方で女性の社会進出がめざましかったアメリカにおいてはシャネルは熱狂的に受け入れられ、ココ・シャネルはモード・オスカー賞を受賞しています。

そして、1971年にココ・シャネルは死去し、その後はカール・ラガーフェルドがデザイナーに就任し、今までのシャネルのスタイルを守りながらも時代ごとの特徴を取り入れた新しいシャネルを生み出し、シャネルはブランドとしての再興を遂げます。

1994年には日本にシャネルブティック本店が銀座並木通りにオープンし、1996年には大阪の心斎橋にも店舗を構え、現在でもシャネルは世界中の人々から多くの支持を入れるトップブランドとして続いています。

シャネルの特徴について

シャネルスーツ

シャネルのブランド品の特徴と言えば【気品高い女性に導くブランド】です。
シャネルは服飾や宝飾品をはじめ、財布やバッグ、香水、時計、化粧品など、レディース商品を中心に展開し、メンズの商品が全くない訳ではありませんが、かなり少数です。

シャネルと言えば「マトラッセライン」のバッグが特に有名であり、「カンボンライン」や「トラベルライン」など有名シリーズが揃っています。
他にもビジネススーツやリング、ネックレスなどもございますが、シャネルのブランド品はあらゆるシチュエーションにおいてその女性の気品高さが際立つようにデザインがなされている事が分かります。

また、時代の波に合わせてデザインに変化させている事も大きな特徴です。
そうする事で、シャネルはいつの時代においても多くの女性に愛されるブランド品として続いています。

ですが、上記で挙げた特徴以外にシャネルには大切なテーマがあります。
そのシャネルのテーマとは【古い価値観にとらわれない女性像】です。
実際、シャネルは当時の時代における【女性がすべきファッション】という固定概念を多く塗り替えてきています。

現在では多くの女性がファッションアイテムの一つとしてシャネルの商品を所持する事も多い為、上記の様な特徴はピンと来ないかもしれませんが、分かりやすい例として【働く女性に向けたファッションデザインの革新】が挙げられます。

近年、女性が大学を卒業後に正社員としてスーツを着て働く事は今では珍しい光景ではありませんが、昔はそうではありませんでした。
社会で働き稼ぐことは男の仕事であり、女性がスーツを身に纏い社会の前線で活躍するという事は普通ではなかったのです。

その為、昔は女性の為にデザインされたスーツというものはほとんどありませんでした。
そんな時代、シャネルではいち早く「ジャージ素材」や「ツイード素材」のスーツをデザインし【働く女性の為】のファッションの歴史を次々と作り上げていったのです。

実際に現在では有名な【シャネル・スーツ】を発表したココ・シャネルは「過去50年間でもっとも大きな影響を与えたファッションデザイナー」としてモードオスカー賞を受賞しており、当時、女性の社会進出が特にめざましかったアメリカではシャネルのブランドは熱狂的に受け入れられていました。

現在では働く女性以外にも多くの女性から愛されているシャネルのブランドですが、シャネルのバッグや洋服、貴金属は身に纏うだけでその女性を高貴な印象にする影響力は健在です。
シャネルに興味がある女性ならば、是非一度はシャネルのコレクションを身に纏ってみたいものですね♪

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール