ブランド買い取り業者徹底比較!

ボッテガヴェネタ買い取りをお考えならば、是非参考にしてください。

  1. ボッテガヴェネタ買い取りにおけるおすすめ業者
ボッテガヴェネタを高く売れる業者

ボッテガヴェネタ買い取りにおけるおすすめ業者

ボッテガヴェネタロゴ

ボッテガヴェネタといえば高い品質で有名なイタリア創業のブランドで、ブランド買い取りにおいても状態の良いものであれば非常に高く売ることが出来ます。
特にボッテガヴェネタはデザインの流行り廃りがなく、そのブランドの品質で高い評価を得ているブランドですので、中古状態であっても需要があります。
そのためボッテガヴェネタを買い取ってくれるお店は数多く存在し、いざボッテガヴェネタの買い取りを行おうと思ったとき、一体どの買い取り店へと売れば高く売れるのか悩んだことのある方も多いのではないでしょうか。

ボッテガヴェネタに限らずブランド買い取り店ごとの査定額の差は非常に大きく、いかに得をするかは【ブランド買い取り業者選び】にかかっているのです。
ブランドを高く売るコツのページでも紹介していますが、ブランド買い取りの際には1店のみに絞って見積もりを出してもらうのではなく、複数店から見積もりを取って価格を比較する相見積もりが鉄則です。

相見積もりをすることによって最も高く買い取ってくれる業者を知ることが出来ますし、買い取りの際の価格交渉もしやすくなります。
価格交渉に自信がない場合であっても、他店で見積もってもらった査定額を知らせるだけで買い取り価格が上がる可能性が非常に高くなりますので是非ともオススメする方法です。
そして1店から見積もりを取るのも複数のお店から見積もりを取るのも、実は対して手間は変わらないのです。

私自身の実体験からブランド買い取り業者の比較を行っていますのでそちらの利用や、依頼したことのある馴染みの買い取り店の利用も視野に入れ、複数店から相見積もりをとることをお勧めしています!

ボッテガヴェネタについて

ボッテガヴェネタはイタリアで創業した皮革製品のブランドで、そのクオリティの高さと伝統技術、そしてロゴが存在しないシンプルなデザインで人気を博しているブランドです。
ボッテガの創業は1966年と非常に古いのですが、2001年にグッチグループの傘下へ入ったことで世界的な有名ブランドへと成長を遂げることとなります。
ボッテガヴェネタの歴史やブランド品の事を詳しく知る事ができれば、ボッテガヴェネタをもっと好きになれますし、意外と日常的な会話でも役に立ちますよ♪

ボッテガヴェネタの歴史について

ボッテガヴェネタバッグ

ボッテガヴェネタはイタリアのモルテド夫妻が皮革製品の工房を開いたことから始まります。
ボッテガ(工房)の名の通り、熟練した職人が製作する革製品は伝統的な技法が生きており、ボッテガはイタリアで有名な皮革ブランドへと成長します。
創業当初より革に強いこだわりを持っていたボッテガヴェネタは、質の高い材料と伝統的なクラフトマンシップ組み合わせることで唯一無二の商品を作り出し、イタリアの伝統芸を世界に広く知らせました。
特に滑らかななめし革を用いた編み込みのバッグである「イントレチャート」は、まるで革とは思えないほどの柔らかな手触りを実現したことからシルクのようだとも称され、一躍有名になりました。

そして2001年、ボッテガがグッチグループの傘下へ参入したことから、本国であるイタリアから海外へと展開するハイブランドへと成長を遂げるきっかけとなりました。
そのときボッテガのデザイナーを務めることとなったのが、かの有名なエルメスやソニアリキエルなどのデザインを担ったトーマス・マイヤーだったのです。
ブランドとしての高い伝統技術にグッチの経済力、そしてトーマスの前衛的なデザインが加わり、ボッテガヴェネタは世界的な有名ブランドへと成長を遂げました。

グッチグループの傘下へ加入したあとは光沢のあるメッシュのバッグや三角錐の独創的なバッグなど次々と新商品を発売し、これまで伝統を守り続けたボッテガの商品展開にトーマスの革新的なデザインを持ち込み、一躍知名度が向上し大成功を収めました。

ボッテガヴェネタのシリーズについて

ボッテガヴェネタ財布

ボッテガの伝統的な商品であるイントレチャートに着目したトーマスは、ボッテガヴェネタにあえてロゴを採用せず、これまでボッテガの主力デザインであったイントレチャートをアイコンとして使用し続けることを提案します。
ボッテガヴェネタの有名なモットーに、「イニシャルさえあれば十分」との発言があります。
当時はルイヴィトンなど数々の大手ブランドがロゴを設定しデザインへ全面に打ち出し始めた時代で、様々なブランドがロゴを製作し認知度の向上へと切磋琢磨していた時代です。
しかしボッテガはその高い品質と職人技術をアイデンティティに持ち、あえてロゴを設定せずに現在に至ります。
商品デザインの独自性とブランドを尊重する哲学は、この発言とともにボッテガヴェネタの知名度を飛躍的に向上させました。

ボッテガヴェネタで代表的なデザインといえば、丁寧になめした革を手作業にて編み込んでいく「イントレチャート」ではないでしょうか。
イントレチャートはボッテガのアイコンともなっているほどに人気のあるデザインで、バッグをはじめ財布やキーケースなど、様々な商品が発売されています。
カゴから着想を得たとされるイントレチャートは、柔らかななめし革を用いて丁寧に製作が行われ、今ではボッテガヴェネタの主力商品へと成長しています。

他にもボッテガで人気のあるアイテムとして、マルコ・ポーロシリーズがあります。
マルコポーロはブラウンとブラックの異なる色のレザーを掛け合わせたデザインが特徴で、そのシンプルな佇まいと質の高さで高い人気を誇っています。

ボッテガヴェネタは伝統的な職人技術を大切にしていることでも知られているブランドで、商品の販売だけでなく職人の育成や歴史の伝承にも着目しています。
しかし近年では職人技術を受け継ぐ人材の減少が危惧されており、これまでイタリアの革製造におけるクラフトマンシップを何よりも大切にしていたボッテガは危機感を抱きます。
そこでボッテガは自社で独自にスクールを設立し、職人の技術の継承に力を注いでいます。

ボッテガヴェネタの人気商品について

ボッテガヴェネタビジネスバッグ

ボッテガヴェネタで人気のあるアイテムに、トートバッグの「カバ」が挙げられます。
デザインはイントレチャートを採用し、手触りの良いなめし革とシンプルなデザインで大人の女性から厚い支持を得ています。
革を手作業で編み込んでいくために製作に非常に手間がかかり、ボッテガヴェネタのカバには一品一品にシリアルナンバーが設けられています。
そして編み込みをきちんと証明するためにあえてバッグに裏地をつけず、ボッテガを代表する高級バッグとして知られています。

他、ボッテガヴェネタはビジネスバッグも展開しており男性にも愛用者が多いことが挙げられます。
男性も女性も愛用することの出来るシンプルなデザインはまさにボッテガの特徴であり、幅広い層の顧客を獲得しています。

他にもイントレチャートを用いたボッテガの代表的なアイテムに、財布があります。
使いこむほどに柔らかになる上質な革を常日頃手元に感じることの出来る人気のアイテムで、ブランドロゴを前面に押し出さないボッテガの独自性も合わさって、本物を求める人々より高い評価を得ています。

革製品の制作で様々な顧客の獲得に成功したボッテガヴェネタは、近年では財布やバッグの他、香水や家具なども手掛ける一大ブランドへと成長しています。
香水のボトルにはイントレチャートを模ったデザインが採用されており、洗練されたセンシュアルな佇まいながらもボッテガの伝統を感じることが出来る一本へと仕上がっています。

ページ上部へスクロール